TOP PAGE

問題解決ファシリテーター

<直接部門現場実務専門>

専門の要員・知識・技術・設備等は揃っているうえ資金もある。それにもかかわらず、問題解決への取り組みが停滞している・・・・・

こうした状態は、社員どうし、管理職や経営者の間でその問題に対する認識やアプローチの仕方、方向性が噛み合っていない時などに起きます。問題解決のファシリテーターは、いわゆる”岡目八目”視点で第三者として取り組み状況を客観的に眺め、必要なポイントを進捗に応じて提案しながら、停滞打破を図ります。

貴社の直接部門の現場実務において問題解決が停滞している場合、貴社専用の「問題解決行動促進研修」(完全成功報酬式・機密厳守・競合会社取引禁止指定可)を実施することで停滞打破を図りますので、お気軽にお声がけ下さい。

なお、新型感染症が終息するまでは、すべてテレワーク(zoom、skype等)で実施しており、実施方法/報酬等の条件は異なります。個別に事前打ち合わせの上、承ります。

「問題解決行動促進研修」の実施要領と詳細はこちらの行をクリックして下さい。


問題解決ファシリテーター・研修講師:蒔苗昌彦(まかなえ まさひこ) 

■eメール:スパムメール排除のためメールリンクを貼ってありません。お手数ですが、次の文字列をコピーした上でメールアプリの送信先欄にペーストして下さい。
 masahiko@makanae.tokyo

■電話:03−3878−9542
※外出時は、留守電にセットしてあるか、蒔苗個人用の携帯電話へ転送をかけてあります。

■〒134-0088 東京都江戸川区西葛西2-19-13 グリーンパーク西葛西 407号室 (住民票登記地)

経歴 

その他研修メニュー

その他コンサルテーションメニュー